赤ずきんちゃんの布
むかしむかし、あるところに、とてもかわいらしい女の子がいました。
 あるとき、女の子のおばあさんは、赤いビロードのきれで、女の子のかぶるずきんを作りました。
 そのずきんが女の子にとても似合っていたので、みんなは女の子のことを、「赤ずきん」とよぶようになりました。
 ある日のこと。
おかあさんは赤ずきんに病気のおばあさんのところにお見舞いに行くように言い、上等なぶどう酒あまいケーキを持たせました。そして、「いいですか、みちくさをしてはなりませんよ。途中でオオカミにあっても知らん顔するのですよ。」と言いました。
「はい、おかあさん。行ってきます。」

おばあさんの家は歩いて三十分くらいの森の中にありました。
 その日はとても天気のよい日で、赤ずきんがスキップしながら歩いていると、そこへオオカミがあらわれたのです。
f0127613_210179.jpg

「こんにちは。赤いずきんがかわいい、赤ずきんちゃん」
 オオカミは、ニコニコしながら赤ずきんに話しかけました。
 
「こんにちは、オオカミさん」

 赤ずきんが返事をしてくれたので、オオカミはニヤリと笑うとたずねました。
「赤ずきんちゃん、いまからひとりでどこへ行くんだい?」
「あのね。おばあさんのおうちよ。おばあさんのお見舞いに行くの」
「そうかい。ここからどのくらいかかるのかな。」
「森のずっとおくのほうよ。ここからなら、歩いて十五分くらいかかるわ」
「十五分か・・・」
 オオカミは、ちょっと考えました。
(ばあさんの家を探して、ばあさんを食べてしまうには、もうすこし時間がいるな。よし・・・)

「赤ずきんちゃん。おばあさんの家にいく前に、まわりを見てごらんよ。こんなにきれいにがさいているし、小鳥は歌っているよ。せっかくだから、楽しく遊びながらいったらどうかな。たとえば、花をつむとか」
 赤ずきんは、オオカミの言うとおりだと思いました。
 花をつんで持っていけば、おばあさんはきっと喜んでくれるにちがいありません。
「そうね、オオカミさん、あなたの言うとおりだわ。あたし、お花をつみながら行くわ」
f0127613_2154215.jpg

 赤ずきんはさっそく、いろいろな花をさがしはじめました。

 さて、赤ずきんとわかれたオオカミは、そのまままっすぐ、おばあさんの家へ行きました。
 トントンと、戸をたたくと、
「はいはい。どなたかの?」
と、いう、おばあさんの声がしました。
 オオカミは、女の子のような声をだしました。
「赤ずきんよ。ケーキとブドウ酒を持ってきたの。あけてちょうだいな」
 それを聞いたおばあさんは、うれしそうな声で、
「おや、赤ずきんかい。さあさあ、カギはかかってないから、戸を押して入っておくれ。おばあさんは体が弱っていて、ベットから起きられないからね」
「そうかい。それじゃあ、えんりょなしに」

 オオカミは戸をおしてあけると、ベッドに寝ているおばあさんに、とびかかりました。
 オオカミは、怖さのあまり気を失ってしまったおばあさんの着物とずきんをとると、あとはパクリと、まるのみにしてしまいました。
 それからオオカミは、おばあさんの着物を着て、おばあさんのずきんをかぶり、ベッドの中へもぐりこみました。

f0127613_2110464.jpg

 そのころ赤ずきんは、まだ花を取っていましたが、やがて手に持ちきれないほど、たくさん取ってしまうと、やっとおばあさんの家へ行くことを思いだしました。
「そうだわ、いそいで行きましょう」

 おばあさんの家に行ってみると、入り口の戸が開いていたので、赤ずきんは不思議に思いました。
「どうしたんだろう? おばあさんは、いつも戸をしめておくのに」
 赤ずきんが家の中へはいると、いつもとちがった、へんなにおいがするような気がしました。
 でもそれが、オオカミのにおいだとは気がつきませんでした。
f0127613_2162713.jpg


 へやのおくのベッドには、おばあさんが寝ています。
「こんにちは、おばあさん」
 赤ずきんが大きな声であいさつしましたが、なんの返事もありません。
 赤ずきんは、ベッドに近づきました。
(あら、おばあさんの様子が変。病気でこんなになってしまったのかしら?)
 赤ずきんは思い切って、おばあさんにたずねてみました。
「おばあさん、おばあさんのは、ずいぶんと大きいのね」
 すると、おばあさんに化けたオオカミがいいました。
「そうとも、おまえの言うことが、よく聞こえるようにね」
「それに、が大きくて光っている。なんだかこわいわ」
「こわがることはないよ。かわいいおまえを、よく見るためだから」
「それに、おばあさんのの大きいこと。おばあさんの手は、こんなに大きかったかしら?」
「そうだよ。大きくなくては、おまえを抱いてあげることができないもの」
「それからなんといっても、その大きなお口。おばあさんのお口があんまり大きいので、びっくりしちゃったわ」
「そうとも。大きくなくては、おまえを・・・」
「おまえを?」

食べられないからさ!

 オオカミはそういうと、赤ずきんをパクリとのみこんでしまいました。
「ああ、食った食った。ばあさんに女の子。二人も食って、まんぷくだ」
 オオカミは、すっかりおなかが大きくなったので、そのままいびきをかいて寝てしまいました。

そこへ、いつもこの森で狩りをしている猟師(りょうし)が通りかかりました。
「おや、ばあさまが、でっかいいびきをかいて寝ているぞ。・・・いつもと、様子がちがうようだが。見てこよう」
 猟師が家の中へはいって、ベッドに近よると、
「ややっ! これはオオカミではないか!」
 猟師は、ねむっているオオカミを鉄砲で殺してしまおうと思いましたが、もしかすると、食べられたおばあさんが、おなかの中で生きているかもしれないと思って、大きなはさみでオオカミのおなかをジョキジョキと切りはじめました。

 するとまず、赤いずきんが見えました。
 そして、女の子がとびだしました。
「ああ、ビックリしたわ! オオカミのおなかの中って、まっくらなんですもの」
 その次に、おばあさんが「よっこらしょ。やれやれ、ひどいめにあったよ」と、出てきました。

 おばあさんは寝たきりで動けなかったはずですが、オオカミに食べられたショックで、病気がどこかへふきとんでしまったのです。
 元気になったおばあさんは、赤ずきんにいいました。
「赤ずきんや、庭にあるをたくさん持ってきておくれ。この悪いオオカミを、こらしめてやらないとね」
 そして赤ずきんがたくさんの石を持ってくると、おばあさんは石をオオカミのおなかにつめこんで、おなかを針と糸で縫いあわせました。

 さて、しばらくしたあと、やっと目をさましたオオカミは、のどがかわいて近くの川に行きました。
「ああ、おなかが重い。少し食べ過ぎたかな?」
 オオカミが川の水を飲もうとしたとたん、お腹の石の重さにバランスをくずして、オオカミはそのまま川にドボンと落ちてしまいました。

 悪いオオカミがいなくなって、みんなはひと安心です。
(ああ、こわかったわ。これからは二度と、みちくさをしないわ)
と、赤ずきんは自分に言いきかせたのでした。

********************************************************
f0127613_227113.jpg 赤ずきんちゃんの話を思い出しながら、1年ぶり・・・いや2年ぶり?のミシンがけ。
話のディテールをすっかり忘れてました。
おばあさん、病気が治っちゃったのね。
しかし、赤ずきんちゃんのこのあっさり感・・・恐怖感伝わってこないよー。
童話の結末、悲惨なのにあっけらかんとしてるのが多いような・・・。

[PR]
Top▲ | by suzuki-kometen2 | 2007-02-26 22:08 | つぶやき